研究室

研究室をやめたくなる理由3つ+やめる前にすべきこと

だいず
だいず
研究室をやめたいよ

こんにちは。だいずです。

大学院を卒業した後、大手メーカーで研究職として勤務しています。大学では、3年間研究生活をしてきました。

研究室大学の研究室をやめたいって思う人は、意外に多いです。

  • 研究室をやめたいと思ってる人
  • 研究生活に悩んでる人

今回は、

  • やめたくなる理由3つ
  • 研究室をやめる前にすべきこと/耐える前にすべきこと
  • やめた後の選択肢3つ

について順番に説明していきます。

盛りだくさんの内容になってますが、為になると思うので最後まで読んでくださいね(*^^*)

やめたい理由3つ

やめたい理由は、次の3つになります。

やめたい理由

  1. 指導教員が嫌い
  2. 研究室の雰囲気が嫌い
  3. 研究が嫌い・興味がない

順番に説明していきますね。

どれが当てはまってるのかチェックしましょう。

やめたい理由①指導教員が嫌い

1つ目の理由は、指導教員が嫌いからです。

嫌いになる指導教員の特徴は3つあります。

  • 徹底的に管理されてる
  • データを催促される
  • 理不尽な説教が多い

・厳密にスケジュール管理されていると、絶対服従になり生徒が駒のような状態になります。研究が好きな人でも主体的に行動できず、嫌々やる羽目になります。

・実験データを催促されると、かなりのプレッシャーがかかって精神的にやられてしまうこともあります。

私の指導教員も、データを催促してきました。私はメンタルが強い方なので良かったですが、周りの人は不眠症になったり涙を流す人もいました。

・理不尽な説教が多いと、研究とかの話ではなく単純に心が折られます。ストレスも溜まり、通学するのが嫌になります。

研究生活が楽しくなるかは、指導教員で決まると言っても過言ではありません。

やめたい理由②研究室の雰囲気が嫌い

2つ目の理由は、研究室の雰囲気が嫌いだからです。

雰囲気が悪い原因としては、

  • 研究室の仲が悪い
  • 関わりが全くない

などが挙げられます。

同期や先輩との仲が悪かったり、ドロドロした恋愛関係があると、居心地は悪くなります。

逆に研究室で関わりがなく、会話がないのも辛くなります。

雰囲気が悪い研究室には行きたくないですよね。

やめたい理由➂研究が嫌い・好きではない

3つ目の理由は、研究に興味がないからです。

研究は、好きな人と嫌いな人とで大きく別れます。

ぶっちゃけ研究が嫌いな人にとっては、研究生活で学べることはありません。なぜなら研究は、専門的すぎるので他の職種に応用しにくいからです。

私は研究職で働いてますが、就職してから研究が好きではないことに気づきました。大学の研究室で楽しめたのは、周りの人と仲が良かったからかもしれません。

皆さんがやめたい理由は、

  • 指導教員が嫌い
  • 研究室の雰囲気が嫌い
  • 研究が嫌い・興味がない

の3つのどれかだと思います。

やめたいと思った人は次に、研究室を「やめる」「やめない」の2択に迫られます。

ここからは「やめる」「やめない」を決断する前にすべきことを、紹介していきます。

研究室をやめる前にすべきこと3つ

研究室をやめる前にすべきことは、この3つです。

  1. 冷静になる
  2. やめたい理由を明確にして対策を考える
  3. 自分の選択は正しいと自分に言い聞かせる

①冷静になる

1つ目は、冷静になることです。

何か嫌なことがあって、感情的に「やめたい」と思ったのかもしれません。

冷静になる方法としては、

  • 1か月ほど時間を置いて考える。
  • 友達や家族に話す

などがあります。まずは心を落ち着かせて、自分と向き合うことが大事です。

②やめたい理由を明確にして対策を考える

2つ目は、やめたい理由を明確にして対策を考えることです。

やめたい理由は、「指導教員が嫌い」「研究室の雰囲気が嫌い」「研究自体が嫌い」のどれかになると思います。

やめたい理由を深堀して、対策をいくつか考えます。例えば、実験を毎日強制的にやらされて辛い場合、

  • 研究室をやめる
  • 直接、指導教員に抗議する
  • 他の教員に相談する

といった対策があります。

やめる以外で対策を行動に移せる人は、まずはそちらに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

➂自分の選択肢は正しいと言い聞かせること

3つ目は、自分の選択は正しいと言い聞かせることです。

自分がやめるのに納得している状態ならば、後は自分を信じること、やめる勇気を持つことが大事です。

自分の人生は自分のものです。自分が考えて決断した選択は、常に正しいです。

研究室に耐える前にすべきこと3つ

耐える前にすべきことは、3つあります。

  1. 耐える価値があるか考える
  2. 体調をこまめにチェックする
  3. 改善策を考えてみる

①耐える価値があるか考える

1つ目は、耐える価値があるか考えることです。

あなたが「やめたい」と考えたほど、嫌なことがあったはずです。

それに耐えて、自分は何が得られるのか考えていきましょう。もっと言うと研究を通して得られるものは、

  • 学位・学歴
  • 研究スキル

くらいです。

この2つが大事だと思った人は、耐える価値があります。

②体調をこまめにチェックする

2つ目は、体調をこまめにチェックすることです。

やめたくなるほど嫌なことに耐えるには、精神的、肉体的な負担も大きくかかります。

実際、大学時代私も教員と合わなくて、やめたいと思った時期がありました。それでも、親学費を払ってくれたこともあり、卒業したいと思ってました。

実際「耐える」という選択をしましたが、不眠症や頭痛に悩まされました。大事には至りませんでしたが、今思うと大事になってもおかしくない状況でした。

一度壊れた体は、簡単には元に戻りません。

こまめに体調をチェックして、少しでも異変を感じたら治療に専念しましょう!

➂改善策を考える

3つ目は、改善策を考えることです。

「やめる前にすべきこと」でも紹介しましたが、「やめたくなる理由」に対する改善策をリストアップしましょう。

研究自体が嫌いだという人は研究室をやめる以外に、「研究を好きになる方法を考える」という方法もあります。

少しでも「研究室に耐える」という気持ちが小さくなり、「耐えなくても大丈夫」という状態に持っていければいいですね。

やめた後の選択肢

最後にやめた後の選択肢について紹介します。

やめた後の選択肢として、

  • 違う研究室に移動する
  • 就職する
  • フリーターでしばらく過ごす

があります。

・研究が好きだけど今の研究室は嫌だという人は、「違う研究室に移動する」という選択をとるのがいいでしょう。

・研究にやりがいや価値を見出せないという人は、「就職する」という選択がおススメです。

・研究生活に疲れた、体調を回復させたいという人は、「フリーターでしばらく過ごす」という選択が好ましいです。

どうしてもつらい人は、やめるのが吉

ここまで見て頂きありがとうございます。

最後に伝えたいことは、「最も大切なのは自分の体」です。

自己責任にはなってしまいますが、どうしてもつらい人はやめましょう!