研究室

【理系大学生は必見】研究室にあると便利なもの10個

こんにちは。だいずです。

私は、去年の3月に大学院修士を卒業しました。

今回は、私が約3年間研究室生活を過ごした中で「これがあると便利。」「研究生活が快適になる。」と感じたモノを10個紹介します。

  • 研究室生活を快適に過ごしたい大学生
  • 研究生活を気持ちよくスタートしたい人

先に結論を言ってしまうと、研究室にあると便利なものはこちらになります。

飲食物

  • マグカップ+ティーパック
  • ボトルガム

疲労軽減グッズ

  • PC用メガネ・目薬
  • マウスパッド
  • クッション

作業効率が高まるグッズ

  • ドキュメントスタンド
  • ふせん

その他

  • ブランケット・上着
  • 歯磨きセット
  • 携帯充電器

ひとつずつ簡単に紹介していきますね。

研究室にあると便利なもの:飲食物

まずは、飲食物について。

日中は研究室で長い時間過ごします。喉が渇いたり、口がさみしくなったりしますよね。

そんな時に便利なのがこの2つです。

あると便利なもの① マグカップ・ティーパック

1つ目は、マグカップ・ティーパック。

ほとんどの研究室が湯沸し器を置いてます。マグカップとティーパックさえあれば、いつでも温かいドリンクが飲めます。

休憩時間にホッと一息ついてはいかがでしょう。特に冬場は体が温まって落ち着きますよ。

「午後の眠気をなんとかしたい。」と言う人は、コーヒーを飲んで眠気を覚ましてもいいかもしれません(研究室の先輩がよく飲んでました)。

あると便利なもの② ボトルガム

2つ目は、ボトルガム。

長時間デスクワークしていると、口が寂しくなりますよね。そんな時は、ボトルガムを常備しましょう。

実はガムって、勉強や仕事に絶大な効果を発揮するんですよ。

「噛む」という動作によって脳の血流が良くなります。これにより、

  • 頭の回転が良くなる
  • 記憶力が上がる
  • 集中力が上がる

といった効果が期待できます。

研究室にあると便利なもの:疲労軽減グッズ

次に、疲労軽減グッズについて

ずっと研究生活を送っていると、目や肩、首に疲労が溜まりますよね。

「疲労を少しでも軽減したい。」そんな時に便利なモノがこちらになります。

あると便利なもの➂PC用メガネ、目薬

まずは、PC用メガネ・目薬です。

長時間のPC作業で眼精疲労に悩まされることが多いです。

そんな時は、PC用メガネを購入しましょう。

私は元々目が悪くてメガネをかけていましたが、Jins PCのメガネに変えてからは確実に目の疲れが軽くなりました。

ぶっちゃけ、ブルーライトカットの効果は絶大です!!今でもPC用メガネは欠かせません。

皆さんも目の疲れを感じる前に、PC用メガネをかけてはいかがでしょう。(目がいい人も度なしのレンズが置いてあります。)

ドライアイが気になる人は、目薬があると便利です。

特に「Vロートアクティブプレミアム」という目薬がおススメです。

ちょっと高いですけど、私が使った中でもっとも効果が実感できました。

研究室の先輩は、眼精疲労用のホットアイマスクを使用していました。話によると、毎日1回は使っていて目元が楽になるそうです。

眼精疲労はできるだけ軽減させて、研究生活を気持ちよく過ごしていきたいですね。

あると便利なもの④ マウスパッド

次に、マウスパッドです。

私がおススメするのが、「マウスパッド FITTIO High ブラック MP-116BK」です。

エレコムとハビリテーションセンターの共同開発によって生まれた製品で、なんといっても手首のクッション性が抜群です。

特に「PC作業が多くて手首の疲労や肩こりに悩まされる」という人にとっては、非常に便利で役立ちます。

私自身、研究生活のラスト1年で購入しましたが、「もっと早く買っておけばよかった」と思ったくらいです。

あると便利なもの➄ クッション

次に、クッションです。

ずっと椅子に座っていると腰が痛くなることって多いですよね。

そんな時におススメなのが、クッションです。

私は椅子の上に「NITORIのクッション」を敷いてました。

お腹にはディズニーのクッションを抱きかかえて作業することもありました。(クッションばかり使ってましたね笑)。

自分が愛用しているクッションがある人は、それを研究室で使えばオッケーですよ。

研究室にあると便利なもの:作業効率が高まるグッズ

ここでは、作業効率がアップするグッズを紹介します。

与えられた研究課題を効率よく終わらせていきたいですよね。

あると便利なもの⑥ ドキュメントスタンド

まずは、ドキュメント。スタンドです。

研究室生活では、論文や特許などの文献を調べることが多いです。

紙媒体の文献を一つずつ整理整頓するのって、意外に難しいですよね。

私は片付けが苦手なので、一度見た資料を探すのにいつも一苦労でした。

そんな私でも、『ドキュメントスタンド』を使ってからはきちんと文献を保管することができるようになりました。

何と言ってもファイルがカラフルなので、色で分別して整理しやすいんですよね!

とても便利で役立ちました。資料が山積みになる前に、使ってみてはいかがでしょう。

あると便利なもの➆ ふせん

次に、ふせんです。

資料の重要なページにふせんを張って、すぐに開けるようにしておくと便利ですよ。

こんな感じのモノを使えば十分です。私はラインマーカーもセットで使ってました。

資料の同じ場所を一瞬で開けられるので、作業効率が高まること間違いなしです。

研究室にあると便利なもの:その他

その他、研究室にあると便利なモノを紹介していきますね。

どれも見逃せませんよ。

あると便利なもの⑧ ブランケット・上着

まずは、ブランケット・上着です。

正直、研究室の中は体温調節が難しいです。

夏場はクーラーが効きすぎたり、冬場は暖房の効きが悪かったりします。体調によっても、体感温度は変わりますし。

そんな時に備えて、研究室に上着やブランケットを置きましょう。

寒い時にいつでも使用できます。「備えあれば憂いなし」です。

あると便利なもの➈ 歯磨きセット

次に、歯磨きセットです。

昼食後に歯磨きすると、お口の中がスッキリした状態で午後を迎えられますよ。

めんどくさいという人はモンダミンを使うとラクです。

私はどちらも持ってて、モンダミンを使うことの方が多かった気がします。

あると便利なもの➉ 携帯充電器

最後は、携帯充電器です。

皆さん、一度は「夜に携帯を充電し忘れた」という経験をしたことありますよね。

研究室に携帯充電器があれば安心です。

1人暮らしの人は、電気代を節約するために研究室で携帯を充電するのもアリです。実際、私もそうしてました。

便利なものを揃えて快適な研究室生活を送ろう

今回は、研究室にあると便利なものを10個紹介しました。

気になるものがあったら、ぜひ研究室で使ってみてはいかがでしょう。

研究室によってはルールがあって、使用が禁止されているものもあるかもしれません。事前に指導教員や先輩に確認しておきましょう。

便利なモノは早めに揃えて、快適な研究室生活を送りたいものですね。