仕事

【超重要】理想の仕事とは?~仕事に対する考え方を見つめ直しませんか~

あなたは、自分が理想とする仕事はできていますか?

内閣府の行った調査よると、半分以上の人が「自分の思い描くような仕事ができていない」と回答しています。

そこで今回は仕事を4つの形態に分類して、理想の仕事とは何なのか考えていきたいと思います。

仕事の4つの形態

ここでは、「金持ち父さん貧乏父さん」という本に書いてあった内容を基に、仕事を4つの形態に分けて説明していきます。

下の円グラフに示すように仕事は、従業員、自営業、ビジネスオーナー、投資家の4つの形態に分類できます。

出典:金持ち父さん貧乏父さん

従業員(サラリーマン)は会社から雇用された人のことです。契約に基づいて働いた分の給料が支払われます。会社員やアルバイト、パートの人が該当します。

自営業者は、自分の所有するお店や会社、または自分自身でお金を稼ぐ人のことです。個人事業主や店主、デイトレーダーなどが該当します。

ビジネスオーナーは、自分が働かなくても収入がられる人です。権利収入を獲得しています。フランチャイズやネットワークビジネスのように仕組みやシステムを所有する人が該当します。

投資家は、株や不動産などに投資して収入を得る人のことです。投機(ギャンブル)とは異なり、適切にお金を働かせることで収入を生み出しています。

以上をまとめるとこのようになっています。

分類 従業員 自営業者 ビジネス
オーナー
投資家
働かせるモノ 労力・時間 労力・時間 権利・仕組み お金
収入形態 労働所得 労働所得 不労所得 不労所得

従業員や自営業者は、労力と時間を使って収入を得ています。一方、ビジネスオーナーや投資家は、労働以外のものから収入を生み出しています。

これを見ると誰もが、労働収入から解放されて不労所得を得たいと思いますよね。

しかし、ビジネスオーナーや投資家になって不労所得を得るのは難しいです。

私が多数のビジネス本や投資本を読んで、不労所得を得るために必要だと思ったものをいくつかピックアップします。

  • お金やビジネスに関する正しい知識
  • 知識を活かす思考力
  • 圧倒的な行動力
  • あきらめない精神力、継続力
  • メンター

不労所得を得る人は、共通してこれらのスキルや能力を持っています。才能と言ってしまえばそれまでですが、私は精神的な部分も大きいと思っています。

理想の仕事は自分自身が決める

みなさんの理想の仕事は、従業員、事業主、ビジネスオーナー、投資家のどれに当てはまりますか?

将来は投資家になりたいと思う方もいると思います。一方で、従業員や自営業者の枠組みの中で医師や調理師、会計士などになりたいと思う方もいると思います。

みなさんの答えは、全て正解です。

気を付けてほしいのが、この分類は「従業員・事業主が劣っていてビジネスオーナー・投資家が優れている」ということを示すものではありません。

なぜなら、この分類は「お金を稼ぐ」ことのみで分けられていて、他の要素が考慮されていないからです。

仕事をする人の中には、お金を稼ぐこと以上に仕事の価値を見出している人がいます。その価値とは、働くことに対するやりがいや楽しさ、自分の成長です。

4つの形態のどこに分類しようとも、みなさんには仕事に対して「お金を稼ぐこと以外の価値」を見出してほしいと思ってます

仕事については、私たちが働く理由3つ 幸せになる考え方にも詳しく書いてあるので、良かったらご覧ください。

【Job, Career, Calling】私たちが働く理由3つ+幸せになる働き方 ほとんどの人は、仕事生活が人生の1/3以上を占めています。「仕事」によって、人生の幸福度が変わるといっても過言で...