人生観

レールの上の人生が危険な理由+レールからはみ出す方法 【警告】そろそろ自分の人生を歩きませんか?

 

社会が作ったレールの上の人生って、幸せなのでしょうか?

社会には「小中高→(大学)→サラリーマン→退職」という一つのレールができています。そして、8割以上の人はレールに沿った生き方をしています。

果たして、この人生は本当に幸せなのでしょうか?

確かに幸せな人もいますが、全ての人がそうとは言い切れません。

毎日、満員電車に揉まれながら、出勤している人の顔を想像してください。

ワクワクしてやる気に満ちた顔をしていますか?それとも、精気のない疲れた顔をしていますか?

残念ですが、大半の人は後者を想像するかと思います。

この質問だけでも、危険であることは分かるかと思いますが、当記事では、もう少し「レールの上の人生が危険である理由」について、考えていきます。

そして、レールからはみ出すにはどうすればいいのか、答えていきます。

結論はこちらになります。いたってシンプルです。

〇レールの上の人生が危険な理由

レールの上では満足できないから

〇レールからはみ出す方法

(1)夢や目標がない人→ 探し続けること

(2)夢や目標がある人→はみ出す勇気をもつこと

ひとつずつ説明していきますね。

【超重要】理想の仕事とは?~仕事に対する考え方を見つめ直しませんか~あなたは、自分が理想とする仕事はできていますか? 内閣府の行った調査によると、半分以上の人が「自分の思い描くような仕事ができていな...

レールの上の人生が危険な理由

レールの上の人生が危険な理由は、レールの上では満足できないからです。

確かに小さい頃は、学校のルールに従って生きていかなければいけません。(これもおかしな話ではありますが、今回は特に仕事に関してピックアップしたいと思います。)

しかし大人になってサラリーマンの道を歩くことは、自分のやりたかったことなのでしょうか。

有職者約7500人を対象に、内閣府が仕事に関する満足度について調査しましした。その結果がこちらになります

出典:内閣府調査結果

このアンケートでは、約半数の人が「仕事に不満を感じている」と答えています。

一方で「内容・やりがいに関して満足している」と回答した人は、1割に満たない結果となりました。

このデータから、レールの上の人生が危険であることがわかりますよね。

その他、「死ぬときに後悔すること」についての調査結果も見てみました。

そこには「夢を持って挑戦すればよかった」、「人の目を気にせず生きればよかった」といった声が多くあがったそうです。

このような負のスパイラルができているのはと、私は感じました。

  1. 人の目を気にする
  2. レールからはみ出せない
  3. 満足していない仕事でずっと働く
  4. 夢に挑戦できない
  5. 死ぬ前に後悔する

「レールの上の人生を歩いてて、後悔する人生を送ってしまった」なんてことになりかねません。

いかにレールの上の人生が危険なのかが一目瞭然ですよね。

では、どうやったらレールから外れることができるのでしょうか?

 

レールからはみ出す方法

夢や目標がある人orない人で、レールからはみ出す方法は変わってきます。

(1)夢や目標がない人がはみ出す方法

夢や目標がない人は、見つけるまで探し続けることです。

レールの上で落ち着いている場合ではありません。

有名なスティーブ・ジョブスのスピーチで、彼は「Keep looking and don’t settle. You know you find it.」と言ってます。

まずは自分が興味があることに挑戦し続けてください。それが見つかった時は、自分の直感が教えてくれます。

(2)夢や目標がある人がはみ出す方法

夢や目標がある人は、はみ出す勇気を持つことです。

夢や目標がある人は、それに向かって追いかけてください。周りからの目を気にする必要はありません。

こちらに2つの面白いデータがあります。

〇仕事に対する不満足度ランキング(出典Indeed

rank Country
1 Japan
2 Germany
3 South Africa
4 France
5 Poland

 

〇転職しない国ランキング(出典:NHK)

rank Country
1 Dominica
2 Japan (50%)
3 SSchweizerische
4 Mexicanos
5 Portuguesa

 

 

1つ目の仕事に対する不満足度ランキングでは、35か国中で日本は1位を獲っています。

2つ目の転職しない国ランキングでは、日本は2位を獲っています。

この2つの結果から、日本人は仕事に満足していないにもかかわらず、転勤しない傾向が強いといえます。この理由としては、

  • 終身雇用制や年央序列制などの社会の影響
  • 周りの目を気にする、集団意識が強い
  • 道徳を重んじ、自分の責務を果たそうとする。我慢強い。

などが挙げられます。もちろん、日本人の性格上の問題があるのは事実です。しかし、日本の社会全体がレールから出せないような枠組みを作ってるようにも思えます。

はみ出しにくい社会の中で、はみ出す勇気をもって夢や目標を追い続けることが、今の私たちにとって大事になってくるのではないでしょうか?

はみ出す勇気を持ってれば、逆風に対しても自分を信じて行動することができます。

そして、レールから外れた先には、自分しか見たことのない景色が待っています。私も現在、悔いのない人生を歩むために、レールから抜け出そうと奮闘しています。

はみ出す勇気を持って、悔いのない人生を送りたいですね。

【超重要】理想の仕事とは?~仕事に対する考え方を見つめ直しませんか~あなたは、自分が理想とする仕事はできていますか? 内閣府の行った調査によると、半分以上の人が「自分の思い描くような仕事ができていな...

十人十色~自分のレールを作っていこう~

人間は、十人十色。一人一人、好きなことも違えば、得意なことも違います。もちろん、一人一人働き方も変わってきます。走るレールも変わってきます。

自分の個性を最大限に発揮できる場所で、満足度の高い人生を送りたいものですね。

この記事を読んで、少しでも自分の人生を見つめ直してもらえたら幸いです。