勉強

たった2ヶ月でいきなり簿記2級をとる方法【0から独学で受かります】

こんにちは。だいずです。

私は、簿記2級の勉強を始めるまで会計の知識がゼロでした。(貸借対称表や財務諸表という言葉すら皆無でした。)

そんな私が、2か月間独学していきなり簿記2級をとった方法について紹介します。

ちなみに、私は第154回を受けて80点で合格できました。

簿記2級合格に必要な教材5冊

使用した教材は、こちらの5冊になります。

簿記2級の教科書

簿記2級の教科書は、

  • スッキリわかる日商簿記3級
  • スッキリわかる日商簿記2級(商業簿記)
  • スッキリわかる日商簿記2級(工業簿記)

の3つを使いました。

スッキリわかるシリーズの特徴は、こちらになります。

  • 身近な例を題材にしているため、簿記初心者に優しい
  • ネコの会話がストーリー仕立てになってて、楽しく学べる
  • 記号ごとに用語(勘定科目)を分類していて、暗記しやすい
  • 巻末に各章の問題があり、理解度をチェックできる
  • テスト予想問題も付いてて、力試しができる

売上No1なだけあって簿記の知識ゼロの私でも、2周くらい読んだらある程度内容を理解できました。

この本で勉強しなかったら、ここまで早く資格をとることができなかったかもしれません。

ぶっちゃけ、最初に買う教材は`スッキリわかるシリーズ一択´です。

簿記2級の問題集

問題集は、

  • TACよくわかる簿記シリーズ日商簿記2級過去問題集
  • あてるTAC直前問題集

の2つを使いました。

TACの過去問題集の特徴は、こちらになります。

  • 12年分の過去問が載ってて、ボリューム満点
  • 解説が丁寧
  • 問題用紙が印刷できて、繰り返し使える

スッキリわかるシリーズの過去問題集も本屋で見ましたが、6年分しかなくて解説もTACの方がわかりやすかった印象です。

TACの予想問題集の特徴は、こちらになります。

  • 試験問題の分析が完璧で、的中率が高い
  • 予想問題が本番さながらで、問題の質が高い
  • 落とし穴をカバーする間違いノートが付いてる

かなり良質な教材なので、絶対買った方がいいです。

そのほか簿記に必要なもの

教材以外に、簿記に必要なものは、電卓です。

「簿記の勉強をする」と決めたら、真っ先に買いましょう。

試験では持ち込み可です。いち早く電卓に慣れるようにしましょう。

簿記2級合格に必要な勉強時間

簿記初心者が2級を合格するのに必要な勉強時間は、150~250時間と言われています。

私の場合、平日2時間、休日6~8時間勉強しました。2か月間で、トータル172時間勉強しました。

最短で取りたい人は、1週間で20時間(平日2時間、休日5時間)以上確保しましょう。

そうすれば、2か月で160時間以上勉強できる計算になります。

合格までの勉強時間は、あくまで目安です。もっと早く合格できる場合もありますし、そうでない場合もあります。

この記事で紹介する勉強方法を参考にして、効率よく勉強したいですね!

簿記2級の勉強方法

簿記二級の勉強方法は、こちらになります。

  1. 簿記3級を軽く勉強する(30時間)
  2. 簿記2級の教科書を勉強する(100時間)
  3. 簿記2級の過去問を解く(70時間)
  4. 簿記2級の予想問題を解く(30時間)

()は勉強時間の目安

ひとつずつ詳しく説明していきますね。

①簿記3級を軽く勉強する

まずは、簿記3級を軽く勉強します。

「簿記3級受けないんだから、いきなり簿記2級を勉強した方が早いのに」と思うかもしれません。

正直、逆です。小学生に中学の数学を教えても分かりませんよね。

これは極端な例ですが、簿記も同じです。

正直、簿記3級をある程度分かってからの方が、簿記2級は理解しやすいです。

具体的には、この手順で勉強しましょう。

  1. 簿記3級の教科書(スッキリわかるシリーズ)を一通りザっと読む(10時間)
  2. 2周目で、用語や意味をある程度理解しながら読む(20時間)

1周目で全体像を理解して、2周目で細かい内容をつかむ」という感じです。

ぶっちゃけ、この流れだとめちゃくちゃ効率いいです。

特に、2周目で「簿記の用語(勘定科目)」と「決算までの流れ」を理解しておけば、2級の勉強がスムーズに行えますよ。

あとは、問題は解かなくてOKです。簿記2級に移ってから、たっぷり解くので!

ここでは、30時間を目安に勉強しましょう。

②簿記2級の教科書を勉強する

次に、簿記2級の教科書を勉強します。

教科書には、

  • 商業簿記
  • 工業簿記

の2種類があります。

まずは、商業簿記を勉強しましょう。

その理由は、

  • 簿記3級を深堀りした内容になってるので、手を付けやすいから
  • 商業簿記を理解してからの方が、効率よく工業簿記を勉強できるから

です。

商業簿記の具体的な勉強方法は、こちらになります。

  1. 教科書(スッキリわかるシリーズ)を一通りザっと読む(10時間)
  2. 2周目で、各章ごとに問題を解きながら読む(40時間)
  3. 3週目で、理解できなかった所を重点して勉強する(10時間)

3級と同じく、「1周目で全体像を理解して、2周目で細かい内容をつかむ」という流れになります。

特に、2周目に入ったら各章ごとに問題を解くのがポイントです。

おそらく直前に読んだ内容でも、全く解けずに絶望します。

最初は、それでOKです。

無理せず分かんなかったら、すぐに答えを見ましょう。ここでは、内容を理解して覚えるのが目的なので!

問題を解く時には、楽な計算でも必ず電卓を使いましょう。電卓に慣れること、計算ミスを減らすことができます。

3週目では、特に分かんなかった所や難しかった所を読んだり、解いたりしましょう。これをやれば、早い段階で苦手部分をカバーできます。

こんな感じで、60時間を目安に商業簿記を勉強しましょう。

商業簿記が終わったら、次は工業簿記になります。

工業簿記も、商業簿記と同じ流れでOKです。

  1. 教科書(スッキリわかるシリーズ)を一通りザっと読む(10時間)
  2. 2周目で、各章ごとに問題を解きながら読む(20時間)
  3. 3週目で、理解できなかった所を重点して勉強する(10時間)

工業簿記は覚えることが少ない反面、計算が複雑なところがあります。

数学が苦手という人は、少し時間がかかるかもしれません。

ただ、スッキリわかるシリーズの教材だと丁寧に分かりやすく教えてくれます。

なので、自信がない人もぜんぜん怖がらなくて大丈夫です。

➂簿記2級の過去問を解く

一通り簿記2級の教科書が終わったら、過去問を解きます。

過去問を解く目的としては、問題を解く力を養うと共に、テスト慣れすることです。

そのため、こちらの2つを意識して取り組みましょう。

  • 2時間きっちり測って解く
  • 解く順番を決めておく(3問は最後)

時間配分の目安としては、第1問10分、第2問10分、第3問40分、第4問10分、第5問40分の合計110分で、見直しが10分です。

「本番で時間が足りなくて、解けなかった」ということがないよう、早めに鍛えておきましょう。

過去問の解き方は、こちらになります。

  1. 1週目で少なくとも過去5年分の問題を解く(40時間)
  2. 2周目は、できなかった回を重点的に解く(20時間)
  3. 弱点を克服する(10時間)

1週目は、絶望するほど解けないと思います。

落ち込まなくて大丈夫です。逆に最初から解けてる人は、天才です(*^^*)

その分、解説をしっかり読んで、間違えた問題は答えを見ながら解き直しましょう。場合によっては、教科書に戻ることも大事です。

ちなみに私は、3時間以上かけてこの作業を行います。おんなじ問題を2度間違えるのは、嫌ですからね。

2周目で、自分の成長を確かめましょう。

2回間違えた問題は、あなたの弱点です。教科書に戻って、じっくり勉強しましょう。

④簿記2級の予想問題を解く

過去問が終わったら、最後にTACの直前予想問題集を解きます。

だいたい、テスト2週間前くらいに解けばOKです。

テスト本番だと思って、解くようにしましょう。

2周やるのが理想ですが、時間がない人は1回でもOKです。

簿記2級合格のコツ

ここまで、一通りの勉強の仕方を説明していきました。

実際に、簿記2級を勉強するのにはコツがあります。

なので、今からそのコツを伝授します。

  • 暗記が必要なところは、寝る前に覚える
  • 計画を立てて、半年以内に合格を目指す
  • すき間時間を有効に使う

特に覚えるのが苦手という人は、寝る前に教科書を読みましょう。記憶力が格段に良くなります。

また、受ける試験日を決めて、テストまでの大まかな計画を立てるようにしましょう。

時間がない人も、半年以内には試験を受けたいところです。ダラダラやっててもつらいだけだし、途中で嫌になることもあるので。

特に社会人の人は、平日勉強するのが難しいかと思います。通勤時間や寝る前の30分など、時間を有効に使っていきたいですね。

簿記2級をとった後に待っている未来

最後に、簿記2級をとった後に待っている未来について話します。

簿記2級の資格をとることで、次の5つの未来が待っています。

  1. 自分に自信がつく
  2. 企業の財務諸表が読めるようになる
  3. 就職や転職に有利になる
  4. キャリアアップに繋がる
  5. 他の資格を取るきっかけになる

①自分に自信が付く

簿記2級の合格率は15%前後であり、難易度が高い資格です。

その試験に受かったら、自分に自信が付きます。

合格したら、こんな賞状がもらえて達成感も味わえますよ!

②企業の財務諸表が読めるようになる

簿記2級の知識があれば、企業の財務諸表を呼んで経営状態を把握することができます。

そのため、就職先や投資先、取引先などを選択する際に大いに役立ちます。

➂就職や転職に有利になる

履歴書やES(エントリーシート)の記入欄には、必ず持っている資格を記入する欄があります。

簿記2級が書ければ、会計の知識をアピールできて印象が良くなります。

経理を志望する人は、必須になる場合もあります。

④キャリアアップにつながる

資格を持っていることで、

  • 昇進する
  • 昇給する

という会社がいくつかあります。

勤めている会社によって異なりますが、少なくとも上司からの印象が良くなります。

➄他の資格を取るきっかけになる

簿記2級を取った後は、他の資格を取るために会計の知識を活かすことが可能です。

例えば、

  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • ビジネス会計検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • 中小企業診断士

などが、簿記2級に関連する資格になります。

これだけじゃなくて、全く別の資格に挑戦するのもアリですよ。

さいごに

今回は、たった2ヶ月でいきなり簿記2級をとる方法について紹介しました。

簿記2級を取れば、最後に話したような明るい未来が待ってます。

とろうか迷っている人も、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その一歩が、未来への大きな一歩につながりますよ。