読書

【3分でわかる】「仕事は楽しいかね」少しでも仕事に悩んでいる人は、必読

突然ですが、皆さんは今の仕事が楽しいですか?

ぶっちゃけ、心の底から「楽しい」と言える人はかなり少ないはずです。

そこで今回おススメするのが、仕事は楽しいかね? (きこ書房)です。

本の内容を簡単に紹介しますね。

感想も書いたので、よかったらご覧ください。

本の内容

この本に関する情報は、次のようになります。

  • 本の種類:小説
  • 著者:デイル・ドーテン
  • ページ数:181ページ
  • 読了時間の目安:4時間

小説なので、先が気になってついつい一気読みしてしまいます。

物語は、大雪のため閉鎖になった空港の中で、一人の老人が青年に「仕事は楽しいかね?」と質問するところから始まります。

内容を一言でいうなら、「仕事に限らず人生そのものを楽しく生きるためのマインドを学ぶ。」といえます。

もしかしたら、成功者になるためのノウハウが書かれた教科書と思う人もいるのかもしれません。

例えば、老人は成功者になるためにはどうしたらいいのか尋ねます。

それに対して青年は、目標を持つことが大事だと言います。ゴールが分からないと、そこに行くことができないと。

しかし、老人は真っ向から否定します。そして、「成功者」についてこう語りかけます。

みんな、人生のある地点で仕事に対する目標を変えた人たちだ。

出典:仕事は楽しいかね?

老人は、長期の目標を持つよりも、今色んなことに挑戦して試行回数を増やすように言っています。

コイントスで表を出し続けるのは難しいけど、投げる回数を増やせば必ず表が出ますよね。

それと同じように、試行回数を増やせば成功のチャンスも増えてきます

老人の会話の中には、「コカ・コーラ」や「リーバイス」、「apple」などの成功例を説明してくれているので、とても分かりやすいです。

話自体とても為になりますし、説得力があって思わず納得させられてしまいます。

少しでも興味をもった人は、仕事は楽しいかね? (きこ書房)を読んでみることをおススメします。

この本から学べること

この本から学べることは、成功するためのマインドと、ワクワクして生きるための知恵です。

本書を読むことで、人生をどう進んでいけば成功に近づけるのかが分かります。

現状を打破する方法も具体的に書いてあるので、すぐに実践しやすいです。

こんな人におススメ

この本は、こんな人におススメです。

  • 仕事に行き詰っている人
  • 仕事のモチベ―ションを上げたい人
  • 夢や目標を追いかけるのに疲れた人
  • チャンスをつかみ取って成功したい人

ひとつでも当てはまった人は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

本の感想

この本を手に取ったきっかけは、「仕事は楽しいかね?」という文字を見た時、素直に「楽しい」と答えられなかった自分がいたことです。

なぜ「楽しい」と答えられないのか考えても、その答えは見つかりませんでした。

当時の私は仕事に行き詰っていて、つらい日々を過ごしてました。

「本を読めば、その答えがわかるのでは?」と思い、思い切って本を買って読みました。

ぶっちゃけ、この本を読んだだけでは悩みは解消されませんでした。

人間そこまで単純じゃなかったです笑。

ただ、読み終わった後は満足感と共に、「答えが分からなくてもいいから、まずは挑戦してチャンスを増やしたい」と思うようになりました。

これって、本を読む前の自分と比べたらかなり大きな変化ですよね。

この本を通じて過去の成功者の生き方も知ることができて、いい刺激になりました。

まだ「楽しい」と答えるのは難しいですが、新しいことに挑戦していて毎日が充実しています。

5年後には「仕事」が楽しくてワクワクする日々が送れると信じています。

私以外にも、心の底では「仕事を楽しみたい」と熱望している人は多いはずです。

そんな人は、ぜひ読んでみてください。