研究職

【大手メーカー研究者が語る】研究職に就くのは難しいのか

こんにちは。だいずです。

現在、国内トップメーカーの研究職に勤めています。

今回は、私の就活体験をもとに研究職に就くのは難しいのか解説していきます。

  • 就活生
  • 研究職にあこがれてる人

結論から言うと、系で大学院に進学している人」にとって、研究職に就くのは難しくありません

なぜ、そう言えるのでしょうか。

研究職に就くのが難しくない理由

理系大学院に進学している人にとって、研究職に就くのが難しくない理由。

それは、研究の基礎が身についているからです。

理系で大学院に進学した場合、学部4年生~大学院2年生までの計3年を研究室で過ごすことになります。

そのため、3年間じっくりと研究活動に取り組むことができ、研究の基礎が身に付けられます。

企業や研究機関にとって、「研究経験が豊富な学生」と「研究をあまりしてこなかった学生」どちらを採用したいでしょう。

もちろん、「研究経験が豊富な学生」を選びたくなりますよね。

その方が、1から教育する必要がないし、むしろ即戦力となりうるからです。企業にとって、これほど喜ばしいことはないでしょう。

このように、大学院に進学している人にとっては有利に就職活動が進められますよ

とはいえ大学院に進学しても、思うように研究職に就けない人がいるのは事実です。

では、どのような人が就職しやすい(あるいは就職しにくい)のでしょうか。

研究職に就きやすい人、就きにくい人

ここでは、研究職に就きやすい人・就きやすい人の特徴を紹介していきます。

研究職に就きやすい人

研究職に就きやすい人は、

  • 理系で大学院に進学している人
  • 企業選びで絞り過ぎない人
  • 論理的に説明できる人
  • コネがある人

です。

まず、企業選びで絞り過ぎてしまうと、志望する企業が圧倒的に少なくなって就職しにくくなります。

例えば、「大企業の有名メーカーしか志望しない」という人の場合、ライバルは旧帝・早慶のエリート大学生になります。ぶっちゃけ、かなり強敵で内定は狭き門です。

企業選びで絞り過ぎず、自分に合った企業を受けている人が成功しやすいと言えます。

かといって、”やみくも”にたくさんの企業を受けるのはオススメしません。

就活では、自分の軸をもって選ぶことが大切になります。

また、論理的に説明できる人は就活に強いです。

特に研究職では、順序立てて物事を解明したり妥当性を確認したりするので、論理性が重要になってきます。

理由や具体例を示しながら筋の通った意見を伝えられれば、採用担当の評価は格段に上がります。

後は、コネがあると強いですよね。

指導教員と繋がりがあったり、研究室の先輩が入社していたりすると、面接の回数が少なくなることがあります。

その他、大学院の研究を頑張っていて「学会発表や論文などの実績がある」という人なんかは、研究職に就きやすいです。

あくまでも「あった方がいい」というレベルなので、持ってなくても全然だいじょうぶですよ。

研究職に就きにくい人

逆に研究職に就きにくい人は、

  • 大学院に進学していない人
  • 文系の人
  • 企業選びで絞り過ぎる人

になります。

企業の中には、「大学院に進学していないと研究職を志望できない」という会社があります。

募集要項には書かれていないけど、「研究職は院卒がほとんど」という会社も少なくありません。

実際、私の会社も9割以上が大学院の修士卒、あるいは博士卒です。

大学院に進学していない人は、受けられる企業も少なくなってしまいますよね。

文系の人も、研究関連の経歴がない中で専門性の高い研究職に就くのは難しいです。

「研究職」が不可能ということではありません。

学部卒でも、研究職に就ける企業はあります。

研究職に就くためのポイント

最後に「研究職に就くのが難しい」と感じている人に向けて、2つのポイントを紹介していきます。

  • 大学(今)の研究をしっかり理解する
  • 論理的に伝えられるように練習する

1つ目は、今の研究をしっかり理解することです。

研究職のESには、ほぼ100%研究概要の記入欄があります。

面接でも研究内容について説明する場があり、質疑応答で深堀りされます。

今の研究に関して、次の6つをしっかりと押さえておきましょう。

  1. 研究背景
  2. 研究の目的
  3. 先行研究と比べた時の新しさ(オリジナリティ)
  4. 独自で工夫した点
  5. 苦労した点と解決した方法
  6. 今の研究が社会でどう役に立つのか

これらは、全て私が面接のときに聞かれたことです

要点を押さえていれば、面接でテンパらずに落ち着いて答えられますよ。

2つ目は、論理立てて伝えられるように練習することです。

ESでも面接でも、結論ファーストです。

  • 結論
  • 理由
  • 具体例・体験談など
  • 結論

この流れが、最もシンプルで分かりやすいです。

論理的に話しやすい流れでもあるので、覚えておきましょう。

上の流れで、何のフルーツが好きなのか説明しますね。

結論:私は、バナナが好きです。

理由:栄養価が高い、色んな味わい方ができる、手ごろな値段で買える、といった点で、どのフルーツよりも魅力を感じています。

具体例:特にバナナの味わい方としては、そのまま食べてもいいですし、ミキサーにかけてジュースにしても美味しく味わえます。ヨーグルトとの相性も抜群です。他にも……

結論:このようにバナナには他のフルーツにはない魅力が詰まっていて、バナナが一番好きです。

こんな感じで説明されたら、思わずバナナを食べたくなりませんか(笑)

就活の時は、日常生活でも少し意識してみるといいかもしれませんね。

さいごに

今回は、「研究職に就くのは難しいのか」について説明していきました。

研究職に就くには、ある程度の学歴が必要な部分もありますが、同じくらい「研究職に就きたい」という気持ちも大事です。

「研究職に就きたい」と思っている人は、まずは企業研究をしたり、説明会に足を運んでみてはいかがでしょう。