悩み

デジタルデトックスのメリット3つ+方法も公開

だいず
だいず
スマホが手放せない。パソコンをいじりたくなる

そんな人に向けて、今回はデジタルデトックスのメリットを紹介します。

先に結論を言ってしまうと、こちらがメリットになります。

  • 健康になる
  • 創造力が高まる
  • 時間が作れる

そしてデジタルデトックスする方法としては、

  • 使用時間を設定する
  • 用途を決めて使う
  • 新しい習慣を作る

この3つになります。

順番に説明していきますね。

デジタルデトックスのメリット3つ

デジタルデトックスとは、スマホやパソコン、テレビといったデジタルデバイスの使用を減らすことを言います。

デジタルデバイスの特徴として、

  • ブルーライトを放つこと
  • 極度の集中状態を維持させること
  • 膨大な情報量を持っていること
  • 中毒性があること

が挙げられます。デジタルデトックスを行うことでこれらの影響が減り、

  • 健康になる
  • 創造力が高まる
  • 時間が作れる

という3つのメリットが生まれます。

メリット1.健康になる

1つ目は、健康になることです。

「デトックス」はdetoxificationの略で「解毒、体内の毒素を排出する」という意味があります。

デジタルデトックスには正に「デトックス効果」があり、目・首・肩・頭の疲労を減らし、健康にしてくれる働きがあります

スマホやパソコンが、私たちの体にどれほど悪影響を及ぼしているのか説明していきます。

【目の疲労】ブルーライトの影響で、目のピント調節機能に大きな負担がかかります。まばたきの回数も減り、目が乾燥するようになります。

これにより、かゆみや充血、視力低下など様々な悪影響を及ぼします。

【肩・首の疲労】スマホやパソコンを集中して見続けることで、姿勢が悪くなります。そのため、首の疲れや肩こりに悩まされます。

【頭の疲労】スマホやパソコンは膨大な情報を公開しています。私たちはそれらの情報を全て脳で処理しなければなりません。

当然、見る時間が長くなると脳が疲労してしまいます。

その他の健康被害として、

  • ブルーライトにより私たちの体内時計が壊れて不眠症を引き起こしやすくすること。
  • SNSの中毒性により心が不安定になること・落ち着きがなくなること。

などがあります。

スマホやパソコンの使用を控えることで、これらの健康被害を回避することができます。

自分の体調は自分しか分かりません。自分の体は自分で守っていきたいですね

メリット2.創造力が生まれる

2つ目のメリットは、創造力が生まれることです。

デジタルデトックスにより、脳が膨大な情報を処理する必要がなくなります。脳の疲労が大幅に軽減されることでしょう。

その分、自分で考える力(思考力)や創り出す力(創造力)が大きくなります。仕事や学校生活を気持ちよく過ごすことができます。

特に脳の発達が未熟なお子さんは、デジタルデバイスの使用により思考力や創造力が低下してしまう恐れがあります。

お子さんがいる人は、スマホを持たせるかどうかよく考えて決めた方がいいでしょう。

メリット3.時間が作れる

3つ目のメリットは、時間が作れることです。

先ほど話したように、スマホやパソコンには

  • 集中状態を維持させる
  • 中毒性がある

といった特徴があります。

そのため、デジタルデバイスに貴重な時間を奪われてしまいます。

実際、1日に1時間以上使用する人は約8割、3時間以上使用する人は4割いるそうです(Digital Detox Japan調べ)。

例えば、3時間使っていたスマホを1時間に短縮できれば、空白の時間が2時間できます。

「忙しくて平日は何もできない」と言う人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

家族や友達と話す時間が増えたり、趣味や勉強に使う時間ができますよ。

ここまでは、デジタルデトックスのメリットについて紹介してきました。

ただ実際デジタルデトックスを続けるのって、けっこう大変ですよね。

その理由は何といっても、中毒性があるからです。

さっき見たけどまたSNSを開きたい。メッセージの返信が気になってしょうがない。あの動画も面白そう。…などなど

ここからは、そんな人に向けてデジタルデトックスをする方法を3つ紹介していきます。

デジタルデトックスの方法3つ

デジタルデトックスの方法は、3つあります。

  1. 使用時間を設定する
  2. 用途を決めて使う
  3. 新しい習慣を作る

順番に説明していきますね。

デジタルデトックス方法①使用時間を設定する

1つ目の方法は、使用時間を設定することです。

あらかじめ「この時間まで使おう」と決めておくことで、その時間は罪悪感なく見ることができます。

「決めた時間を過ぎても見ちゃう」と言う人は、例えばスマホアプリを活用しましょう。

使用時間にアラームがなるので、デジタルデトックスには効果的です

デジタルデトックス方法②用途を決めて使う

2つ目の方法は、用途を決めて使うことです。

「ちょっと手持ち無沙汰になったから使おう」と思って、何時間もスマホを使ってしまうことありますよね。

そうならないためには、用途を決めて使うことです。

例えば、

  • LINEの中身を確認する
  • SNSの友達の投稿を見る

などの用途を決めます。それ以外の用途で使わなければ、使用時間は大幅に短縮されます。

デジタルデトックス方法➂新しい習慣を作る

3つ目の方法は、新しい習慣を作ることです。

仕事以外でスマホやPCを開くときは、必ず隙間時間や暇な時間など空白の時間がある場合です。

新しい習慣を作ってしまえば、デジタルデバイスを使用する時間は必ず減ってきますよ。

「新しい習慣を作るのってハードル高い」と思った人は、新しい習慣を作る方法 簡単3ステップ+実例ありをご覧ください。

新しい習慣を作る方法 簡単3ステップ+実例あり 「仕事でなかなか時間が作れない」「気づいたらもうこんな時間」こんな経験したことありませんか。 そうはいっても、時間があれば...

「新しいことを始めたいけど何を始めていいかわからない」という人は、大学生、社会人向け 私がおススメする最高の趣味4つを参考にしてください。

大学生,社会人向け(男女関係なし) 私がおススメする最高の趣味 4つ ・大学生になって、時間ができたけど何をしたらいいか分からない。 ・仕事に慣れ始めて、他のことにもチャレンジしたい。 ...

 

デジタルデトックスをして、有意義な時間を過ごそう

今回は、「デジタルデトックスのメリット3つ+方法3つ」について紹介しました。

スマホやPCは、情報収集や相手との会話に非常に便利なものです。

一方で健康に悪かったり、時間が作れないなどのデメリットも多くあります。

デジタルデバイスに侵食されるのではなく、あくまでひとつの「ツール」として上手に使いこなしていきたいですね

デジタルデトックスを通して、今よりもっと健康的な生活と有意義な時間を手に入れていきたいですね。